ハムスターの飼い方です。自分の家を持った安心感から、ハムスターは飼い主に興味を持ち始めるのはこのころからです。皆さんと楽しくコミュニケーションが取れるようになる『地下型の巣箱』の正式ホームページです。

≪ハムスターの飼い方≫  ステップ6~10

迎えてからおよそ1週間で、仲良くなり始めることができます。

ハムスターの飼い方
この飼い方の主旨は、
ハムスターの飼い方の研究報告
をご覧ください。

ハムスターの飼い方   ≪目次≫

ステップ1~5に戻る

                     ※カッコ内の日数は目安です。

≪ステップ10に到達した方は、仲良くなる時に、下記を参考にしていただけます≫

ハムスターと仲良くなる 呼べば出てきます
食べ物で、仲良くなれます
ハムスターと仲良くなる方法
仲良くなる自信がない方のためにたとえ話です。
仲良くなるたとえ話



ハムスターの飼い方 
ステップ10まで。



ステップ 6     (迎えて3日~5日目)    ● 『飼い主と共存できる』とハムスターが認識 ※ したことを確認しましょう。

※ 飼い主がいても、すぐには巣穴に逃げ込まなくなるのがステップ6の目安です≫

ここは、ハムスターと仲良くなることができる、最も重要なステップですので、特に詳しくご案内いたします。


≪ハムスターの心理状態≫

●『巣穴の三大習性』の行動が実現できたハムスターは、巣穴の中にが安全であることを学習しました。
 自然界の巣穴に似た安眠・熟睡できる安全な家を持ッ田ことを認識したことで、ハムスターの心理がとても落ち着くのは 人間と同じです。
人間だって、住む家が無かったら正常な心理を保てません。
くつろげる家があるから落ち着けるのは人もハムスターも同じです。

≪飼い主のことを学習している時≫

●正常な心理で、巣穴の外が安全であることを学習するのがこれからです。

●巣穴の外の脅威、それは他ならぬ、飼い主です。

 迎えた初日に夜中にしか活動しないのは、まだ飼い主のことを学習していないから、危険を冒さないハムスターの正常な 行動なのです。
 もし飼い主が、自分を食べたがっているキツネと同じく危険だ!!と学習すれば、飼い主の気配があるときには、巣穴から 決して外には出ません。
 危険かもしれないと思っている時にも出ません。

 しかし、ハムスターは、迎えてから今までの数日間の間に、飼い主が立てる音や振動や声や臭いなどを『地下型の巣箱』 の中にいながら感じ取って、飼い主は脅威ではなさそうだという学習をしているのが普通です。
 そう学習させるために、ハムスターに関わらないでくださいということがとても 重要だったわけです。

好奇心が湧き出てくるときです。

 この様に、ステップ5を順調に通過してハムスターの心には余裕が出てきます。
 すると、ハムスターの心にもともと潜在していたとても強い好奇心が顕在化してきます。そして、その好奇心を飼い主に向けるようになります。 ハムスターの好奇心 ↑この時のハムスターの行動です。
巣穴の奥から飼い主を観察している姿が見えます。
心に余裕が出てきて、飼い主とコミュニケーションをとるようになる直前の状態です。
 この状態がステップ6以降のこれからです。

  【確認の方法】
 では、皆さんと共存できることをハムスターが認識したことをどうやって確認したら良いでしょうか?
簡単です。
●皆さんが部屋に居る時に、巣穴から出てきたら、一歩前進です。

 知らん顔していれば、外に出ているけれど、
振り向いたり、見つめたりすると巣穴に逃げ込むというのが初期段階です。
 飼い主が動いただけでも最初は逃げ込みます。
振り向かれたり、動いたり、目が合っても危険ではないということを次第に学習します。
すると、近くに居ても出てくるようになります。
 このときに、知らん顔をし続けていれば、「飼い主はキツネではない」「ヒツジの様だ」ということを確信するようになります。

●皆さんが居ても、巣穴に逃げ込まなくなったら、共存の学習が出来上がったことになります。

≪ステップ6 の見極めポイント≫

≪巣穴の三大習性≫の見極め
↑ ステップ5『巣穴の三大習性』の行動の実現
の見極めはこのような状態です。
≪巣穴の三大習性≫の見極め
↑ 上の写真の寝室拡大です。警戒ゼロで安眠・熟睡しています。
まだ幼いハムスターの寝姿が可愛いです。
 ハムスターは誰にも教えてもらわずに、『巣穴の三大習性』の行動をして自分の家を持ちます。
 まだトイレ室が不安定ですが、ハムスターの様子を観察すると、『遮光布』を全開にしても、安心して熟睡しています。

 自然界の巣穴に似た機能の自分の家を持ったハムスターはストレスが無くなり、健康に育ちます。
 そして、心に余 裕ができるので、飼い主に好奇心を向けるようになります。

①『地下型の巣箱』の中で≪巣穴の三大習性≫の行動が出来ていること。

②『遮光布』をめくって観察してもハムスターが警戒しなくなったこと(全開でなくて良いです)

この二つをステップ5通過の見極めの目安にしてください。




ステップ 7   (迎えて4日~1週間)    ●トイレ室の掃除をはじめましょう。

 関わらないとは言いながら、トイレ室のオシッコは、『砂っ固』で吸い取ってあげる必要があります。

≪上手な『砂っ固』の入れ方≫

ハムスターが【地上の生活環境】に出て来た時に行います。
●慣れないうちは『砂っ固』の投入だけを短時間に行います。
①『砂っ固』を用意しておきます。

②ハムスターが【地上の生活環境】に出てきたら、巣穴を食べ物入れなどで塞いで、『飼育ケース』⇒『遮光布』⇒『透明 な観察板』の順に取り除いて、『地下型の巣箱』を露出させ、トイレのオシッコで濡れた場所に『砂っ固』を少しだけ入れ ます。

③素早く元に戻して、巣穴を解放します。

④必死に巣穴を探していたハムスターが飛び込んでいきます。 ●慣れてきたら、オシッコを吸い取った『砂っ固』を回収して同僚の『砂っ固』を投入します。
トイレに『砂っ固』
↑ トイレ室に『砂っ固』を入れました。

濡れたティッシュを取り除き、オシッコで濡れた床に『砂っ固』を敷きました。

 上の写真は、『砂っ固』を入れる作業の3時間後くらいのものです。  新たに投入した『砂っ固』の上にオシッコの跡が確認できたので、トイレ対策が上手くいったと判断できます。

 上の写真の例では、『地下型の巣箱』の中は安全だということを学習していると判断できましたので(長年の経験です) 『砂っ固』を一気に入れてしまいました。

 初心者の飼い主さんは、ハムスターの緊張度を読めないので、『砂っ固』の投入加減が解らないですが、無理をしないで 、あせらないで、少しずつ『砂っ固』を投入すると良いです。
『砂っ固』を投入した直後に。他の部屋にマーキングし たり、入り口にバリケードを作ったら、侵入されたと感じた証です。最低でも二晩は作業を休んでください。※休まなくて も良いように少しづつ入れてください。

【重要】

 ここまでは、『地下型の巣箱』の中には侵入禁止です。

トイレ砂交換以外は絶対に行わないでください。

ハムスターか゜侵入されたことを感じると、警戒行動をとってしまいます。

 コミュニケーションが取れて信頼関係が出来れば、『地下型の巣箱』の中をいじっても全く気にしなくなりますが、それ はステップ10以降です。



ステップ 8    (迎えて4日目~1週間)● コミュニケーションをはじめましょう。

 いよいよここから
『地下型の巣箱』方式の本当の楽しみが始まります。
 急がずに、
ハム君のペースで、
ハム君に楽しませてあげるつもりで、楽しいコミュニケーションを進めてくださ い。


脅威を感じなくなると、ハムスターの好奇心はいよいよ飼い主とのコミュニケーションを求めるようになります。  コミュニケーションの初期段階では、ハム君は、飼い主が本当に脅威ではないか、自分を食べるようなことは絶対にない か?革新が持てていません。半信半疑の状態だということを知ってあげましょう。

この時に、巣穴がとても大切な役割を果たします。
 危険を感じたら、いつでも、安全な巣穴に逃げ込める。
と言う安心感をハム君が持つことができるからです。

 コミュニケーションを取りたくなければ巣穴に逃げ込めば良い。
 コミュニケーションを取りたくなかったら、巣穴から出なければよい。 という選択肢を与えることによって、
そ こに留まっているなら、巣穴から出てきたなら、ハム君は飼い主とのコミュニケーションを望んでいる何よりの証であると 、ハム君の心理を知ることができます。

 巣穴周辺のハム君の行動を観察することで、ハム君の心理を知ることができます

 つまり、巣穴を介したハム君の行動を観察することで、ハム君の気持ちを知ることができるという重要なコミュニケーシ ョン手段が巣穴なのです。

 これからコミュニケーションを進めていくうえで、この巣穴の効果を上手に活用することが欠かせません。
詳しくは≪巣穴の効果≫を参考にしてください。

 巣穴の近くでどのような行動を見せるか?それがハム君からのコミュニケーションの信号です。

 警戒心が強く、賢く、学習能力が高く、そして好奇心の強いハム君は、 飼い主とのコミュニケーションエリアをステップ8の①から④のように、段階的に広げていきます。

決して急がずに、ハム君のペースで進めましょう。

ステップ8 の①

ステップ11の開始

↑【コミュニケーション開始・この巣穴からコミュニケーションが始まります】

さァ!!
いよいよハムスターとの楽しい世界をお楽しみください。


◎ハムスターがこのときに飼い主とコミュニケーションを取るようになるのは、
ハムスターが持つ習性の中の好奇心と勇敢さと学習能力の高さが、警戒心を上回るほどに顕在化してくるからです。

ステップ8を成功させるポイント ハムスターのこのときの心理を良く理解してあげましょう。
●もともと持っている極めて強い警戒心(これは常に持続しています)があります。
●食べ物を求める貯蔵の欲求があります。
●勇敢な心(臆病なら出てきません)があります。
●好奇心がますます旺盛になってきました。
●学習能力がとても高いです。
●そしてとても賢いです。
ステップ6からステップ8の間に、ハム君には様々な心理・能力が芽生えています。


ステップ8 の②

ステップ11の初期

↑【コミュニケーション初期・巣穴から顔を出してきます】

 巣穴の中から様子をうかがい、好奇心が警戒心に打ち勝つと、巣穴から顔を出してきます。
危険を感じたら、すぐ巣穴に逃げ込める態勢を確保している状態です。


巣穴から顔を出す
↑ 巣穴から顔を出して飼い主を確認します。

 飼い主が初めて、ハムスターと対面するときです。

今までの飼い主の行動から、飼い主は危険でないということを学習していれば、飼い主と対面しても出てきます。

 顔を出したハムスターには、好物をあげて、コミュニケーションを取ります。
巣穴から顔を出す
↑ ステップ8の②の行動です。

 飼い主の行動に興味を持って、好奇心が警戒心を上回った時です。

ステップ8の③

ステップ11の中期

↑【コミュニケーション中期・出てきます】

②のエリアで飼い主が危険でないことをすぐに学習すると、③のエリアまで出てくるようになります。

皆さんの前に、全身を見せてくれたら、もう、成功はすぐそこです。


巣穴から顔を出す
↑ ステップ8の③の行動です。

 たまたまサンマの骨に飛びつきました。
巣穴が近くにあることを意識した行動です。

ステップ8の③の時に、飼い主が注意することは、ハムスターを巣穴の近くに居させてあげることです。
ハムスターの警戒心はまだまだ強いので、巣穴が近ければ近いほど安心します。
このときは、まだ、手を差し伸べることは控えた方が良いです。
手が危険でないことを学習してもらうのはステップ10にしましょう。
今は、優しい声を掛けて、 飼い主のことを臭い、声など、全ての感覚器官に記憶させます。


ステップ8の④

ステップ11の発展期

【コミュニケーション発展期】↑

飼い主が危険で無く、安全であることを学習すると、巣穴から離れてコミュニケーションを取るようになります。 ●ハムスターによっては、ここ、ステップ8の④まで一気に進む場合もあります。
ステップ6までに飼い主のことを良く観察して、危険でないことを充分に理解し学習している場合です。

ヨーグルト
↑ ステップ8の④の行動です。

ヨーグルトは大好物です。

キャベツ
↑ キャベツは大好きです。

新鮮なキャベツをいつでも食べられるようになっています。

キャベツなどはなるべく大きなまま上げましょう。自然界では刻んだ野菜はありません。大きければ巣穴に持ち込まない効 果があります。また、大きい方が鮮度が長持ちします。
ハムスターとパスタ
↑巣穴から離れたところでの行動が増えてきます。

巣穴から少し離れたところで手とのコミュニケーションを取るのは、進歩です。

ハムスターが手に触ってくる
↑ハムスターの方から手に触ってきます。

自然にこのような関係が出来るのが理想です。

【ワンポイントアドバイス】

 この様に、ハムスターとのコミュニケーションを段階的に進めていくうえで、飼ケースの天井が解放になっていることは 、重要な条件になります。

用心
↑ この様なシーンを観察できれば、人がいても出てくるようになるのは時間の問題です。

飼い主が脅威でないことを学習した証の行動です。
ハムスターの警戒
↑ 人が居ても出てくるようになります。

【実験中です】【このハム君が、チップなどの巣材を好むかどうかの実験をしています】

 薄い(0.1ミリの厚さ)ヒノキの巣材で好みを確認しています。
木のチップは巣材として好まないことが確認できます。 巣材としての持ち込みをしません。

 

ハムスターの飼い方
↑パスタを使ってのコミュニケーション例です。信頼関係を深める効果があります。
ハムスターの飼い方
↑コミュニケーションの例 学習能力が高く賢いハムスターは、人の手が危険でないことをすぐに学 習します。

 この様にストレスなく育っているハムスターは、飼い主を血が出るほどに噛むなどと言うことは決してありません。

 しかし甘噛みはあるかもしれません。その時は≪研究報告≫噛まないハムスターの飼い方を参考にしてください。
ハムスターの飼い方
↑新しい飼い方のコミュニケーション例



ステップ 9    (迎えてから1週間以降)    ●『呼べば出てくる』オヤツ作戦をはじめましょう。



仲良くなるにはオヤツ作戦が効果的です。





ステップ 10   (迎えてから1週間以降)   ●ハムスターと仲良くなりましょう。 仲良くなり方につづく

ハムスターの飼い方 仲良くなり方につづきます。

仲良くなり方は、下記も参考にしていただけます≫

ハムスターと仲良くなる 呼べば出てきます
食べ物で、仲良くなれます
仲良くなる自信がない方、失敗してしまった方のために、たとえ話です。
仲良くなるたとえ話



仲良くなるのはこれからです。

『地下型の巣箱』をハムスターの家に使ったこの飼い方のの特長が、ハムスターと飼い主がとても仲良くなれることです。

学習能力が高くとても賢いから、飼い主の優しさを覚えることができます。

 ハムスターと仲良くなるためには、
ハムスターの性質を正しく知ることがとても大切です。

併せて、ハムスターの性質も参考にしてください。 ※ 新ステップに変更いたしました。
 これまでご案内してきました、飼い方10のステップを、大幅に変更させていただきました。
 ハムスターと仲良くなれることに重きを置いた、新ステップです。