ハムスターに自然界に似た巣穴の生活をさせてあげると、①巣穴の中に寝室を作って、そこで安眠・熟睡します。②貯蔵室に大量の食べ物を貯蔵します。③トイレ室だけにオシッコをして他の部屋の清潔を保ちます。という『巣穴の三大習性』の行動を実現します。

ハムスターの『巣穴の三大習性』のページです

1.ハムスターの『巣穴の三大習性』の行動
2. ハムスターがハムスターらしく生きることができる飼育環境を研究
3. ペットのハムスターにも三つの行動があることを確認しました。
4.そして『地下型の巣箱』が完成しました。
5.『巣穴の三大習性』の行動が実現できたハムスターの効果

1.ハムスターの『巣穴の三大習性』の行動

9月7日
『地下型の巣箱』をもらって8日後で寝室で安眠・熟睡しています。

fハムスターの『巣穴の三大習性』1

9月25日
寝床と、貯蔵場所と、トイレ室が一通り決まりました。

fハムスターの『巣穴の三大習性』2

11月4日
部屋の模様替えも済んで、暖かい寝床もできて、冬の準備完了です。

fハムスターの『巣穴の三大習性』3
 巣立ったばかりの子ハムスターに『地下型の巣箱』を上げました。誰にも教えてもらわないのに、このように、立派に自分の家を作ります。

【9月7日】

 『地下型の巣箱』をもらったハムスターの一週間後の中の様子です。
何よりも真っ先に、寝室を決めて、巣材を持ち込んで、そこに寝床を作ります。真ん中の上の部屋です。
 安心して熟睡している姿を確認いただけますが、

安眠・熟睡できる安全で快適な寝室をハムスターが必要としている

ということを、この姿からご理解いただければ幸いです。
 寝室は安全な場所を選びます。巣穴の外の敵に襲われないように、寝室は巣穴から遠い部屋を選ぶのが普通です。
食べ物を貯蔵し始めていますが、一番奥の隅っこが安全だと考えている様子がうかがえます。
トイレは見えませんが、奥の部屋の下側のようです。
貯蔵室もトイレ室も敵から遠い部屋を選びます。
貯蔵室の食べ物は巣材を被せて隠しています。
寝床を作るために巣材は豊富に与えます。巣材の品切れは厳禁です。


【9月25日】

 体重も増えてすっかり大人の体型になりました。
寝室と貯蔵室とトイレ室が明確になり、巣穴の外が安全であることを学習したために、巣穴に近い部屋も 使用するようになりました。


【11月4日】

 これが、ハムスターの『巣穴の三大習性』の行動の実現です。
冬に備えて、食べ物の貯蔵も十分です。
新しい寝室とトイレ室が巣穴のすぐそばの部屋にできたことで、ハムスターが、「巣穴の外に敵がいないことを学習した」ということが分かります。
外に脅威があったり、飼い主との信頼関係ができていない段階では、この部屋をあまり使用しません。
この様に『巣穴の三大習性』の行動が実現できているハムスターは、飼育環境から受けるストレスがなくなりますので、健康になります。そして、飼い主と仲良くなることができます。

2.ハムスターがハムスターらしく生きることができる飼育環境を研究

 自然界では、動物たちは皆、活き活きと生活しています。
それは、自分に合った環境を自分自身が選べるからであり、自分に合った環境を作れるからです。

 大自然の中のハムスターは、
地下に巣穴を掘って、その中に、
1.≪寝室≫と
2.≪貯蔵室≫と
3.≪トイレ室≫の
3室を作って、そこを自分の家にして生活しいます。
このことは、誰もが、皆さんも周知の事実です。

3.ペットのハムスターにも三つの行動があることを確認しました。

 ハムスターを放し飼いして、その行動を詳しく観察したところ、押し入れの中に寝床を作って、暖房器具の中を貯蔵室にして、同じく暖房器の裏でオシッコをしていることが分かりました。
 ペットのハムスターにも3室を作る習性があることを発見しました。また、別のハムスターにも同じ行動が観察できたので、この行動はハムスターの【本能と習性】であることが容易に推測することができました。


そして、  一般家庭の室内という大自然からかけ離れた環境でも、ハムスターを自然の巣穴に似た環境で生活させてあげられるのではないかと、ハムスターの家の研究を始めました。

4.そして『地下型の巣箱』が完成しました。

『地下型の巣箱

 この、『地下型の巣箱』をもらったハムスターは、全てのハムスターが、例外なく、
大喜びで
≪寝室≫と
≪貯蔵室≫と
≪トイレ室≫の3室を作ります。  この三つの行動は、『地下型の巣箱』をもらったハムスターが、どのハムスターもが必ず見せてくれる行動です。
それは、本能と習性からの行動であることが解ったので、
この三つの行動に

『ハムスターの巣穴の三大習性』 又は 『巣穴の三大習性』と名前を付けました。

5.『巣穴の三大習性』の行動が実現できたハムスターの効果

効果1、健康になる

『地下型の巣箱』をもらって、≪巣穴の三大習性≫の行動が出来たハムスターは、とても健康に育つことが解りました。
健康に育つのは、ペットとしての飼育環境によるストレスが無くなるからだと推測します。

効果2、仲良くなれる

そして、飼い主にとても仲良くなれることが解りました。

仲良くなれるのは、ストレスが無くなったハムスターの心に、潜在していた好奇心が顕在化して、その好奇心を飼い主に向けるようになるからです。



『巣穴の三大習性』の研究(試行錯誤や数々の比較実験などに基づいて、ハムスターに理想の飼育環境を作るための研究)は、1995年から始まりました。

そして完成した『地下型の巣箱』は、2004年に公的機関に認められました。
そのころに、動物学者の方々から【環境エンリッチメント】の研究成果が発表されるようになりました。
私がこの言葉を知ったのは、旭山動物園の小菅正夫園長(当時)の著書からです。
 『ハムスターの巣穴の三大習性』または『巣穴の三大習性』は、
『地下型の巣箱』が発信している新造語です。

コピー可です。

ご自由にご使用ください。皆様に、ハムスターの習性を正して知っていただくお役にたてれば幸いです。
                                     改2013年3月5日