チンチラのクーラー、チンチラの冷暖房器のページです。

チンチラのクーラー、チンチラの冷暖房器のページです

● 39,800円(税別)はチョット贅沢!! ですが、このクーラーをプレゼントにしてもらったチンチラは、大喜びします。そして、健康に快適に夏を過ごすことができます。 エアコンの電気代が大幅に節約できますし、人が寒いのを我慢しなくて済みます。



チンチラのクーラー
↑ 飯塚さんのチンチラ君 皆さんにご愛用頂いています

クーラーを見る
使いかたをを見る
■ 新設 購入に際する欠点と利点

クーラーが、チンチラ用ってどういうことですか?

今までに無かったクーラーです。
日本初つまり世界初なのでここでご案内するのが初めてになります。


≪目次≫






≪関連情報≫
暖房から与える、夏を待たずに早めに与える利点。
置き方・使いかたは、その2です。


§Ⅰ チンチラのクーラー

■ ≪涼み方≫チンチラなど毛皮を着た動物たちは、温度が低い所に寝そべって体温を逃がす涼み方の習性があります。 このチンチラのクーラーは心地よくヒンヤリしたプレートです。

チンチラはこのクーラーで涼みます

チンチラ クーラー
 エアコンに代わって、このクーラーでチンチラが涼みます。
 チンチラに理想の涼み方ができる、チンチラのクーラーです。
 チンチラは、このクーラーが心地よく涼めること、安眠・熟睡できる場所であることをすぐに理解します。そして喜んで使用します。
 ↓ このように。
うさぎの冷房
 ↑ ヒンヤリしたプレートの上で安眠・熟睡のチラちゃん。内○さん提供
チラちゃん愛用のクーラーはPC-200です。価格39,800円(税別)

 

人にも、チンチラにも、どちらにも優しい

チンチラはここで涼みますから、チンチラのためにエアコンを使用しなくても良いです。
エアコンは人が快適な温度にすればよいです。

クーラーを見る
使いかたをを見る

● 以下は、チンチラのクーラーの詳しい説明です。

§Ⅱ 暑さに弱いチンチラ

 チンチラはペットの中でも特別に暑さに弱いことを、チンチラ愛好家の皆様がご存じです。

● 適温は23℃~25℃まで、25℃が上限

 チンチラの適温は、23℃~25℃まで、25℃が上限と言われています
チンチラを健康に飼うためには、夏の暑さから守ってあげなければなりません。
そのために、愛好家の皆さんはエアコンを使っています。
これにはなかなか覚悟が要ります。
まず、
 エアコンが夏の間フル回転になり、電気代が嵩みます。
そして、
 飼い主の皆さんが寒いのを我慢することになります。

この問題を見事に解決したのが、チンチラ専用のクーラーです。

 23℃~25℃の根拠が明確に示された文献が見当たりません。
獣医さんの情報と、愛好家の皆様の中に受け入れられている温度を参考にして、暑さの上限を23℃~25℃、その限界を25℃という数値を採用させていただいています。


クーラーを見る
使いかたをを見る

§Ⅲ チンチラ専用であることの説明

 ここからは、チンチラが他のペットたちに比べて、ことさら暑さに弱い理由と、 その暑さに弱いチンチラに、日本の夏を健康に過ごさせてあげるために設計したクーラーを、詳しく説明させていただきます。

 詳しい説明は必要ないと思われる方にも、どうしてこのクーラーがチンチラ専用というのか、 その要点を4つだけはチンチラのためにもご理解いただきたいので、冒頭にまとめました。

1.平熱39℃を保たなければならない

 チンチラは哺乳動物ですから恒温動物です。
体温=平熱(およそ39℃)を一定に保たなければなりません。
体温が上がれば熱中症の危険があります。
熱中症が危険なのは、同じ恒温動物の人もウサギもみな同じです。

2.恒温動物たちは体温を一定に保つ仕組みを持って夏に備えますが、チンチラは少し違います

 犬は舌を出して舌表面の蒸発熱で体熱を逃がします。また、
毛皮を着た動物たちには換毛という優れた仕組みが備わっています。
冬季はむくむくとした保温性の高い冬毛で、春が過ぎると肌が透けて見えるほど通気性に富んだ夏毛に代わります。
換毛は人が夏服に着替えて暑さに備えるのと似ています。
さらに人は発汗で体熱を逃がすことができます。
しかし、チンチラはこれら熱を逃がす効果のある仕組みを持っていません。

3.避暑地に住んでいるから、暑さ対策が必要無い。

 チンチラは冬の極寒に耐える完璧な防寒毛皮を持っています。
半面、「暑さへの備え」を持っていないのは、必要ないからです。


4.チンチラが持たない「暑さへの備え」を、チンチラ専用のクーラーが担います

 アンデスの高地からはるばるやってきたペットのチンチラが暑さに弱い原因は、 暑くても、この防寒毛皮を脱ぐことができないことにあります。
防寒毛皮が完璧すぎて、熱を身体の外に逃がすことが、 他のペットたちのようには上手にできないのです。
 このチンチラ専用のクーラーは、防寒毛皮に遮られているチンチラの体熱を、 防寒毛皮を通して逃がしてあげる働きをします。
 チンチラが涼みたいと思ったときに、クーラーの上に寝そべることで、 39℃の身体をヒンヤリしたプレートに押し付けることになります。
押し付けた身体から、直接効率的に、しかも心地よく熱を逃がしてあげる働きをします。

 ↓ 心地よさそうです。熟睡中。
チンチラ 冷房
 ↑ チンチラ専用のクーラーの上で快適に涼む 石〇さんのチンチラ君

ウサギも「暑さへの備え」が十分ではありませんが、夏に備えた換毛機能を持っています。チンチラよりは2~3℃ほど高い25℃程度の室温で大丈夫です。

【豆知識】
「冷やす」のではありません。
 一般的に「ペットを冷やす」と表現しがちです。
冷やすという単語のイメージが、クーラーは冷たいほど効果が高いという勘違いを誘発します。
平熱以下に「冷やす」わけではありません。
冷やしたら不快ですし第一危険です。
正しくは、余分な熱を身体の外に逃がしてあげて、平熱を保つ仕組みを助けるのがチンチラ専用のクーラーの特長です。
逃がすというのは、心地よく、優しく、しかも効果的に吸熱してあげるということです。

【豆知識】
獣医さんの場合は「冷やす」です。
獣医さんの熱中症の治療法の一つが「冷やす」です。
体温が上がっていますから一刻も早く平熱に戻さなければなりません。
これこそ「冷やす」です。
熱中症に罹ったウサギの場合はおよそ22℃の低温治療ケースに入れて冷やすとのことです。
人が熱中症になった場合も、一刻も早く平熱まで「冷やす」ですネ。


クーラーを見る
使いかたをを見る

§Ⅳ.優れた経済性と利便性

1.月々の電気代を大幅に節約できます。

エアコンとの比較
 チンチラのために夏に使っていた、又はこれから使うエアコンの電気代※①
 このチンチラ専用のクーラーの電気代(およそ150円/月)※②

※① 23℃を保つのは難しいですが、それでもフル運転、人が留守でもフル運転ですから、電気代は高額になります。
※② チンチラ専用のクーラーの消費電力は8ワット(弱運転時は4ワット)です。
チンチラ専用のクーラーの省エネ設計の詳細説明はこちらです。

2.利便性 手間いらずが大きな特徴です。

つけっぱなしの手間いらず。
春、シーズン初めに運転を始めてあげれば、秋まで何もしなくて良いです。
つけっぱなしで約150円/月の電気代が、手間がかからないことに合わせて、安心して使っていただける大きな特長です。

3.安心という利便性

 暑い日とそうでない日、昼と夜など、冷房の心配が不要です。
涼むか涼まないか、使うのはチンチラ自身が決めますから。

4.寒いのを我慢しなくてよい

 エアコンでチンチラの冷房をする場合、飼い主が寒さを我慢することになります。
このクーラーをチンチラに与えてあげれば、部屋の温度は人の好みに合わせることができます。
『チンチラ愛好家は夏に寒い』から解放です。

5.その他の経済性

 熱中症が心配で獣医さんに診てもらうとか、チンチラに必要な23℃まで下げられるパワーのあるエアコンに買い替えるなどの出費も節約できます。

クーラーを見る
使いかたをを見る

§Ⅴ.制作・販売者からご挨拶

こちらからどうぞ





チンチラ専用のクーラー その2 実用編に続きます。