チンチラ専用のクーラー、チンチラの冷房

チンチラ専用のクーラー、チンチラの冷房

ここで、「チンチラ専用」であることを説明します。 チンチラの冷房  ↑ チンチラ専用のクーラー(PC-200)で涼むチラちゃん♀ 内○さん 提供

≪目次≫









 ご愛用者様が作られた動画をご紹介しますちららちゃんねる

§Ⅰ.今までのチンチラの冷房

 暑さに弱いチンチラの飼育に温度管理は不可欠です

 冷房には主に、エアコンが用いられています。

 エアコンの問題点

●問題1 チンチラの適温と人の適温が合わない、人には寒すぎる。
●問題2 チンチラの適温を維持するには、パワーのあるエアコンが必要。
●問題3 夏中運転するので、エアコンの電気代が嵩む。
チンチラ愛好家の皆さんは、これら3つの問題を克服して、チンチラのために環境を整えてあげています。

§Ⅱ.エアコンの問題を解決

 チンチラは、このクーラーで心地良く涼みますから、エアコンで温度を下げてあげる必要がなくなります。

 エアコンの温度は人の適温で良い。

 既存のエアコンで良い。

 一般的なエアコンの電気代で済む。

§Ⅲ.チンチラに合わせた、チンチラ専用のクーラー

 このチンチラのクーラーの原型は、犬用、ウサギ用などのクーラーです。

 チンチラの体重、500g前後に合わせて設計しました。

設計の詳細はこちらです。 チンチラが心地よく涼めるように、快適な使い心地の設計です。
チンチラの冷房
 ↑ 心地良く涼む、神奈川県の内〇さんのチラちゃん♀

 チンチラのケージに入る大きさです。

 標準的なチンチラ用のケージであれば、中に設置できます。
設計図(四面図のみ)

 チンチラの涼み方を研究した、チンチラの涼み方ができるクーラー

 気温が同じでも、涼みたいときとそうでないときがあります。
短時間涼みたいときと、長時間涼みたいときがあります。
どんな時でも、チンチラが涼みたいと思ったときに、いつでも好きなだけ涼めるのが、このクーラーの大きな特徴です。
したがって、常時運転が設計の基本です。

 チンチラが安心して涼める、無音・無振動のクーラー

 チンチラは、人の何倍も、音や振動に敏感です。
無音・無振動はペットが寝そべるクーラーとしての最重要な、絶対に必要な条件として設計しました。
 このチンチラ専用のクーラーは、無音無振動の超薄型高性能の熱交換器を搭載しています≪特許出願済み≫。
また、体熱の排熱もペットに影響がないように、上方に逃がす安心・親切構造です。

 齧り対策

 チンチラは、コードを見つけたら必ず齧ります。
2020年モデルから、本体配線の齧り対策と、コードの齧り対策を強化しました。


§Ⅳ.人との共存を重視、人も、チンチラも健康

 人に優しい

 エアコンでチンチラの温度管理をする場合、25℃以下できれば23℃が良いなどと言われています。
しかし、人には寒すぎます。
このクーラーは、常温でチンチラが涼めて、快適に使用できるように設計してあります。
 エアコンは、人が快適な27~28℃にしておいて良いです。
人も、チンチラも夏を健康に快適に過ごすことができます。

§Ⅴ.高い経済性

● 電気代が大幅に節約できます。

 エアコンで23~25℃を維持したら、ひと夏の電気代はとても高額になります。

夏中フル運転したら、エアコンの寿命も短くなるかもしれません。

 エアコンは普通に使用して、人の適温に合わせればよいです。

 このクーラーの消費電力は8ワットです。

連続で運転して、1ヶ月の電気代はおよそ150円です。

 2年~3年で元が取れるかもしれません。



§Ⅵ.管理しやすい設計思想。

● つけっぱなしです。

 チンチラが好きな時に使えるように、シーズン中は連続運転が基本です。
暑い日に、万が一のスイッチの入れ忘れ事故を起こさせないためにも、連続運転は、設計の絶対条件にしました。
十分な耐久性を持たせた設計です。
気温に合わせてスイッチを操作するのは、意外と大変です。忘れないように気を付けていなければならないなど、、、このことは、

● ご購入のお客様から、高い評価をいただいている項目の一つです

 秋になったら暖房に、春になったら冷房に、スイッチを切り替えるだけです。

§Ⅶ.最高の技術、無音・無振動

● 特許出願済みの高度な技術です。

 スイッチを入れてしばらくすると、音も振動も無く、冷え始めます。
ビックリする方も、不思議に思われる方もいらっしゃいます。

● 安全です

 感電しないクーラーです。5ボルト(電池およそ4本分)の定電圧駆動方式です。万一コードを齧ったりしても、ペットに危険はありません。
 過熱などやけどの心配もありません。
最も熱い所でも、美味しいコーヒーの温度の80℃より20℃以上低い、60℃以下に設定してあります。
しかもこの部分は、ペットが触れない、底の部分です。
 万・万が一ですが、過熱した場合は断線して壊れる安全回路になっています。


 ペットのクーラーに戻る
 チンチラのクーラーに戻る
 ウサギのクーラーに戻る
 犬・猫のクーラーに戻る