ペットのクーラー『ペットの冷房器』 Q&Aのページです

ペットのクーラー 本体底部の熱交換器収納部

このクーラーの仕事熱量

 【計算基準】 1ワットの仕事熱量=1ジュール/秒
 本器の消費電力は8ワット/時ですが、熱効率を50パーセントと仮設定(注)して、4ワット/時で計算します。

このペットのクーラーの仕事熱量は、計算上4ワット/時=14.4キロジュールです。

14.4キロジュールってどれほどの熱仕事??

(以下、ワットをW、キロジュールをkjで表示します)

【計算基準】 1kjは、0℃10gの水を25℃に温める仕事量。25℃を0℃に冷やす場合も同じ熱量。

1kjで250gの水を1℃温める(冷やす)ことができる。

 14.4kjだと3,600gの水を1℃冷やす仕事をします。

3.6㎏のペットを1℃冷やす??仕事??

吸熱が仕事

 体温を1℃も下げてしまったら大変ですから、実際の仕事は、寝そべった3.6㎏のペットの体熱を1℃下げる吸熱力でペットの体熱を吸熱するということです。

 ペットは毛皮で、この吸熱作用を和らげて、心地よいヒンヤリ感を感じることができます。



吸熱の例=氷嚢の仕事熱量

100gの氷を入れた氷嚢の(氷が解けるまでの)熱量は、約33.4KJです。 この仕事熱量つまり吸熱力(冷たさ)は、50㎏の人間にも強すぎます。
直接額に当てたら、かえって不快になりますのでタオルなどで、吸熱力(冷たさ)を何分の1かに調節して、時間をかけて氷を解かすことで、穏やかに人の体熱を吸熱させます。



(注)このペットのクーラーは、放熱筒の放熱力を高めることで、熱効率を高めることができます。大型のPC-400が同じ8ワットでも吸熱力が大きいのは、放熱効率の高い(50パーセント以上の)大型の放熱筒(特許出願済み)を搭載しているからです。

『ペットの冷房器』
↑ 4ワット実験機で、適正な吸熱力を試験中の協力者のワンちゃん
暑い日は頭を載せて涼んでいます。実験機が小さいので、身体は載せられませんが、、。

● 毛皮を着たペットたちは8ワットが良い
小さいペットではハムスターから、おおきなペットでは中型犬まで、そして、暑さに弱いうさぎまでを十分に満足させてあげる『ペットのクーラー』の消費電力は8ワットで十分なことが解ります。ちなみにチンチラや小型のうさぎ用のPC-200は4ワットに切り替えて運転する場合もあります。

【豆知識】
8ワットの消費電力のクーラーが吸熱に使用する電力を50パーセントで計算しましたが、エアコンも、冷風を出すためのファンを回すモーターや室外機にも大きなファンを回すモーターに大きな電力を使用しています。

このペットのクーラーは、モーターやファンを用いません。その分、消費電力が少なくて済みます。