ペットの冷房Q&A

冷える仕組みは?

ペットの冷房Q&A の一覧  良くある質問 目次




  
  
  
   
             

この冷房器の
冷える仕組みの説明です。



まず、この冷房器の仕組みの簡単な説明図をご覧ください。

エアコンや冷蔵庫と、冷やす原理は同じです。

エアコンの室内機に相当するのが、
冷却プレートです。
エアコンのコンプレッサーに相当するのが、
熱交換ユニットです。
エアコンの室内機に相当するのが、
放熱筒です。



特長は、モーターなどの動く部分を用いない、電子式の高性能の熱交換ユニット(特許出願済み)を使用して、超小型・超省エネを実現させたことです。


冷やす仕組み

●本冷房器の吸熱板(ペットが載る冷却プレート)は、エアコンの室内機に相当します。

 エアコンの仕組みを少し詳しく見ると、
 室内機は室内の空気を吸い込んで、吸い込んだ空気から熱を吸い取って、吐き出しています。したがって吐き出された空気は吸い取られた熱の分だけ温度が下がりますので、人は涼しく感じます。

本冷房器は、空気の代わりに吸熱板を使って直接ペットの熱を吸い取ります。

●本冷房器の熱交換ユニットは、エアコンのコンプレッサーに相当します。室内機と室外機でつながった部分で、冷媒のガスが入っています。

本器の熱交換ユニットは、吸熱板(冷却プレート)の熱を放熱筒側に移動させる働きをします。これによって吸熱板は常にひんやり感を保ちます。
熱交換ユニットは、新開発でとても薄く小さい高性能の純電子式です。

●本器の放熱筒は、エアコンの室外機に相当します。ペットの熱はわずかなので、室外に出さずに、そのまま室内に放熱します。  このように、熱を移動させる仕組みをヒートポンプ(英: heat pump)と言います。


 この冷房器の熱移動の原理もエアコンと全く同じくヒートポンプの熱交換ユニットを内蔵しています。

 

この冷房器とエアコンとの違い

 エアコンは空気中の熱を吸熱することで、吸熱した後の温度が下がった空気を送り出して、人に涼しさを感じさせます。
 エアコンは部屋の熱を外に運び出すヒートポンプですから、空気以外の熱も運び出します。部屋が大きかったり、家具などいろいろなもの熱を運び出すことになりますから、大きな電力が必要になります。

 一方、この冷房器は、同じくヒートポンプですが、ペットの体熱(37〜38℃)を冷却プレートで直接吸熱するので、空気や他の物を冷やす必要が無いので、とても効率が良いです。
 しかも、新開発の純電子式熱交換ユニットは、モーターなど動くものを一切使用しておりませんので、余計な電力が不要です。
 したがって排熱も簡単な構造で済みます。

形はシンプルですが、高機能いっぱいの優れた冷房器です。





  ペットの冷房Q&A の一覧  良くある質問 目次

管理者にメール  
ペットの冷房犬・猫の冷房うさぎの冷房ハムスターの冷房
トツプへ戻るホーム メニュー