ハムスターが『地下型の巣箱』の中で寝ないで、巣穴の外で寝るときの原因を判断するページです。ハムスターQ&A

ハムスターが『地下型の巣箱』の中で寝ないで、巣穴の外で寝るときの原因を判断するページです。ハムスターQ&A

緊急のご案内

 只今、ハムスターが外で寝ているというご相談が急増しています。

原因の大部分が、暖房が強すぎて暑くて外に飛び出してしまっている場合です。

 『地下型の巣箱』方式で飼育している皆さんは、人が普通に生活している部屋で飼っているなら、暖房は必要ありません。

ハムスターは人間と同じように、夏布団と冬布団を使い分けますので、冬に温度が低くなれば、コットンを多用した暖かい冬用の寝床にします。夏はコットンをスケスケに使用するかティッシュを多用して涼しい夏掛けにする行動が観察できます。

人の寝室は明け方には10度よりも低くなる場合がありますが、布団の中で暖かく安眠・熟睡できます。ハムスターも同じです。

気温が10度の時でも、ハムスターが作った寝床の中は28度になっていた実測結果があります。ハムスター自身の体熱で、快適な温度になっています。

●巣材を切らさないで欲しがるだけ与えてください。巣材の品切れは大きなストレスになりますのでご注意ください。

また、『飼育セット』に直射日光が当たっている場合も暖か過ぎになる場合があります。

【おことわり】このページの温度表示は『地下型の巣箱』を家にしているハムスターが対象です。
家の無いハムスターの為の寒さ対策には該当しません。

●外で寝る原因が解らない時には、管理者にお問い合わせください。

【追加の情報です】
『地下型の巣箱』方式では、飼育ケース内の暖房はお勧めしておりません。
お問い合わせが多いので改めてご案内いたします。
ハムスターが棲息する自然環境は氷点下になります。ハムスターはその環境を駆け回ります。
外は寒くても巣穴の中が暖かいのがハムスターの住環境です。したがって、巣穴の外の暖房は不要です。ハムスターの温度管理は寝室だけに着目してあげれば良いです。
●外は寒空・寝室は10度前後・冬布団の中は快適な人間の環境と、『地下型の巣箱』の中はそっくりです。外を温めてあげる必要は全くありません。





≪目次≫
  1. §1.外で寝なければならない≪よほどのこと≫が発生しています

  1. §2.『地下型の巣箱』を与えたが入らない

  1. §3.暖房が強すぎて暑くて我慢できない

  1. §4.夏季に暑くて我慢できない

  1. §5.自作の場合の隙間風、寸法が合わないなど

  1. §6.振動や揺れ動くので怖くて居られない

  1. §7.良い例:巣穴の外も自分の家

§1.外で寝なければならない≪よほどのこと≫が発生しています

§3.から§6.までは、ハムスターが突然巣穴の外で寝るようになった場合の原因が、早急に対処しなければならない場合です。

 部屋に寝ないというのは、ハムスターにとっては≪よほどのこと≫です。
寝ないのではなくて、寝ることができないのです。
しかも特別に警戒心の強いハムスターですから、人に例えれば、女性が、自分の家で寝ることが出来なくて、玄関の前や公園で寝なければならないのと同じというほどに、大変なことが家の中に起きているということを知ってあげてください。
外で寝なければならないハムスターは大きなストレスに晒されていますので、すぐに原因を確認して、適切に対応してあげましょう。

冬季にいただくご相談で最も多い原因が、暖め過ぎです。
『暖房が強すぎる』ために暑くて外に出てしまう例です。
『飼育セット』に直射日光が当たっている場合もあります。


§2.『地下型の巣箱』を与えたが入らない

 初めて『地下型の巣箱』を与えました。
『地下型の巣箱』を与えて数日経ちますが、巣穴に入りません。

 この例は、≪よほどのこと≫には該当しません。
時間が解決します

この例は、ハムスターの飼い方の特別コースの場合に該当します。

 ハムスターは『地下型の巣箱』の中が危険でないことをすぐに学習しますので、巣穴を開放して2~3日程で『仮の家』から『地下型の巣箱』に自然に引っ越すのが普通ですが、
巣穴を開放してすぐに『地下型の巣箱』に入らない場合があります。
 または、入ってもすぐには『巣穴の三大習性』の行動に移らない場合があります。
 これは、中を警戒している行動ですので、巣穴の中が安全だと納得し次第入ります。ということで、時間が解決します。

≪警戒を和らげる方法が効果があります≫
①『仮の家』の中のハムスターの臭いの付いたものを『地下型の巣箱』の中に入れておくと良いです。
②それでも入らないのは、今の『仮の家』が思いのほか居心地が良くて、引っ越しのきっかけがつかめないでいる場合があります。
その時は、≪一週間過ぎたら、『仮の家』から追い出してください≫
追い出し方法は簡単です。
『仮の家』の後ろ壁を切り開いてしまえば、居心地が悪くなるので、引っ越しを促すことができます。

※切り開くときご注意頂くことは、切り開いている犯人を悟られないようにすることです。
 上記のような単純な一過性の場合と、そのほかに重大な原因がある場合とが複合していることもありますので、念のために下記もご確認ください。


≪冬の場合≫

§3.暖房が強すぎて暑くて我慢できない   最も多い原因です

 今まで『地下型の巣箱』で生活していたのに、寝室で寝ないで、通路で寝たり、巣穴の外で寝るようになった。

この原因の最多は暖房温度が高すぎることです。

ハムスターは寒さには強いです


『地下型の巣箱』で生活しているハムスターの場合、
人が普通に生活している部屋に飼育セットがあるなら、特別な暖房は不要です。
寝室が寒ければ巣材を上手に使って、暖かい寝床を作る能力があるからです。

 人で例えれば、冬は、保温性の高い冬布団で寝ます。人の寝室は10℃以下になることがありますが、寝具が暖かいので暖房を使わなくても安眠・熟睡できます。(ただし北海道などは反対に寝室が暖かすぎる傾向があります)
『地下型の巣箱』の寝室を持っているハムスターも人の寝室と同じです。巣材を上手に使って自分で暖かい寝床を作りますので、15℃程度になっても、朝方に一時10℃程度に冷えるくらいなら、人と同じで暖房は要りません。

『地下型の巣箱』
↑このように暖かい寝床を自分で作ります。

市販の暖房器は、『地下型の巣箱』の寝室に自分で暖かい寝床を作るハムスターのことを想定して居ません。
当然強すぎます。

『ハムスター専用のの冷暖房器』の場合も、4ワット運転でも、直接温めれば暑すぎます。

この様に、『地下型の巣箱』に住むハムスターは、冬は暖かい冬蒲団を自分で作って寝ますので、室内が15℃程度までなら、又、明け方に短時間10℃を下回る程度なら暖房なしで良いです。

ハムスターの暖房について 豆知識

 暖房の温度管理は『地下型の巣箱』の寝室だけで良いです。
 飼育ケースの中などを温めてあげる必要は全くありません。
 ハムスターの暖房と爬虫類などの暖房を区別なく考えている方や、区別なく説明している暖房器がありますが、『地下型の巣箱』をハムスターの家にする飼い方の場合は、該当しませんのでそのことについてご案内します。
 自然界のハムスターの冬の環境は、夜、巣穴の外は氷点下になります。ハムスターはそこで活発に動き回ります。
巣穴の中は地熱で暖かいとしても2メートル程度の深さで10℃前後のはずです。
ハムスターはそこに暖かい寝床を作って安眠・熟睡しています。

 『地下型の巣箱』を家にしているハムスターも自然界と同じですから、巣穴の外の暖房は不要です。
温度管理してあげるのは、寝室だけで良いです。
 しかも寝室には暖かい冬布団の寝床をハムスターが自分で作りますから強い暖房は不要です。
人が普通に生活している温度環境であれば暖房は要りません。
朝方に短時間10℃を下回る程度でしたら暖房は要りません。

暖房を掛けるとしたら、『地下型の巣箱』の床を地熱程度に温めてあげるだけで良いです。20℃以上にならないようにしてください。

ハムスターは暑さには弱いです

暖房が強いと苦しくなって『地下型の巣箱』から逃げ出します。

暖房の掛け過ぎにご注意ください。
寒冷地で『地下型の巣箱』を暖房する場合の目安は上限を20度程度にしてください。  暖房で暑くなりすぎて、そのことが恐怖になって、『地下型の巣箱』そのものを放棄してしまった例もあります。
暖房の掛け過ぎにはくれぐれもご注意ください。

 


§4.夏季に暑くて我慢できない

≪夏の場合≫

 暑くて、寝て居られない。
部屋から通路側に顔を出して寝る。
通路で寝る。
外で寝る。
という行動です。
対応は、夏対策でご案内しております。

暑さに弱いハムスターのための『ハムスター専用の冷暖房器』も参考にしていただけます。


§5.隙間風が入る

≪手作りの場合≫
手作りしたら隙間ができてしまったという場合、その隙間から空気が流れ込みます。
 ハムスターが住んでいる巣穴には隙間はありませんので、巣穴以外からの空気の流れを嫌うハムスターが多いです。手作りで隙間がある場合には、隙間をテープなどで塞いでいただけば解決します。

≪『透明な観察板』が中の湿気で反った場合≫
 『透明な観察板』が反って隙間ができる場合があります。
観察している時に、ハムスターが隙間部分に鼻を押し付けてクンクンしている場合です。
 この場合には、『地下型の巣箱』を放棄するほどのことはありませんが、落ち着けないので、対処が必要です。
①反らない対策として、『砂っ固』の量を増やして、湿気対策をする。
②厚手の『遮光布』を被せれば、多少の隙があっても、隙間風は防げます。
③『透明な観察板』が反っている部分をテープで留める。
④『透明な観察板』の予備を用意しておいて、乾燥してそりが治った方に取り換える。
などです。

  【部屋が大きい・巣穴が大きい

 手作りの場合、部屋を大きく作ると、ハムスターは自分の家にしない場合があります。
図面の寸法を守っていただけば、この問題は解決します。


§6.振動や揺れ動くので怖くて居られない

【恐怖を感じた

 『透明な観察板』を開けてしまった。中に居る時に外をたたいた。中にいるときに『地下型の巣箱』をゆすったなど、『地下型の巣箱』の中で強い恐怖を感じた場合には、『地下型の巣箱』を放棄する場合があります。

特に、ハムスターが中に居る時に『透明な観察板』は絶対に開けないでください

この場合の対処方法は、新しい『地下型の巣箱』を与え直して、今度の家は大丈夫と思わせる、いう方法が解決策として有効です。

 怖い家には人間だって住みたくありません。恐怖を与えないことが最も重要なことです。



§7.良い例:巣穴の外も自分の家

ハムスターと仲良くなって、暑すぎることも、隙間風も、怖い思いも、理由が無いのに、時々外で寝ることがある。

飼育環境がよくて、皆さんとの信頼関係ができて来ると、『地下型の巣箱』の巣穴の周りの一部、飼育ケースの中も自分の家の範囲と認識する場合があります。
つまり、巣穴の外の脅威はゼロという認識をしたハムスターが、巣穴の外に寝床を作ってそこで寝るという行動が見られます。
旅行で留守にしていた、帰ってみたら、巣穴の外に寝床を作っていた。といのはこの例です。
家の人が帰ってきて、誰にも邪魔されずに安眠・熟睡したいと感じれば、自然に寝室に戻って寝ます。




≪対象のハムスターと回答者≫
◎ ここは、『地下型の巣箱』方式で飼育しているハムスターを対象にしております。
◎ 回答責任者は、『地下型の巣箱』入澤二郎です。