ハムスターが出てこないので掃除ができない       
     
ホーム全ての目次

ハムスターが出てこないので掃除ができない
トラップのやり方

ハムスター Q&A  の一覧  良くある質問 目次


  
  
   
                     

ハムスターが出てこないために、ステップ7以降のトイレ掃除ができない場合のトイレ掃除の仕方です。

 簡単なトラップを仕掛けて、巣穴から出てきた後に巣穴に戻れないようにして、その間に急いで掃除をする方法です。

≪トラップ≫
 巣穴に巣穴より大きな硬めの紙を被せて蓋をします。この蓋の一辺だけを床の新聞紙にセロテープで固定します。

 蓋を持ち上げれば中から出てくることはできますが、戻ることができないトラップです。

 外にオヤツなどを置いておけば、人影が無ければハムスターは出てきます。

しかし戻れません。  この時ハムスターはパニックになっていますから、速やかにケースを持ち上げて、『地下型の巣箱』の中のトイレを掃除します。

その後ケースを戻して、トラップを取り外します。

この時のご注意ポイントは二つあります。

@トラップの犯人を悟られないこと。

 ハムスターにはトラップを自然現象だと思わせます。
もともと、飼い主が仕掛けたことを知りません。
 巣穴を解放するときに、「助けてあげるヨ〜」などと優しく声をかけてあげれば、飼い主が巣穴を開けてくれた、良い飼い主だ!!と思わせてあげることができます。


A短時間で行うこと。

 30秒以内で終わるように、手際よくやってください。
この時期のトイレ掃除は、はじめは、オシッコのところにトイレ砂の投入だけです。

 次第に慣れてきたら、固まったり濡れている『砂っ固』を回収するようにします。

 トイレの掃除に気を回しすぎて、コミュニケーションが取れなくなるのは本末転倒です。  コミュニケーションが取れていれば、信頼関係ができていればトイレ掃除は簡単です。







『地下型の巣箱』の掃除については、『地下型の巣箱』の掃除もご覧ください。








≪対象のハムスターと回答者≫
 ここは、『地下型の巣箱』方式で飼育しているハムスターを対象にしております。
※『地下型の巣箱』に住んでいないハムスターには該当しない場合がありますので、ご注意いただきたくお願い申し上げます。

 このQ&Aは、『地下型の巣箱』入澤二郎が責任を持って回答しております。

                  Q&A一覧  良くある質問 目次

トツプへ戻るホーム メニュー