ハムスター専用の理想の冷暖房器です。特に夏、暑さに弱いハムスターを、夏バテ、熱中症から守り、健康で快適に生活させてあげることができます。エアコンに頼ら無くて済む、8ワットと4ワットの省電力設計によって、1ヶ月の電気代が最大でおよそ150円です。

『ハムスターの冷暖房器』     型名 HA-4K

只今、3営業日以内の出荷ができます。

≪ショッピングカート≫
温度計

プレートの上に『地下型の巣箱』を載せて、『地下型の巣箱』を床冷房、床暖房します。
世界で唯一の、ハムスター専用の冷暖房器です。【オールシーズン型】

ハムスターの冷暖房器 HA‐4K
↑ ハムスター専用冷房器、HA-4K
ハムスターの冷暖房器 HA‐20
↑ この様に、冷却プレートの上に直接『地下型の巣箱』を置きます。

  1. 1.HA-4Kの仕様
  2. 2.使い方
  3. 3.夏の暑さ対策・熱中症対策
  4. 4.梅雨季の結露対策
  5. 5.暖房の使い方
  6. 6.関連する情報

1.HA-4Kの仕様

ハムスターの冷暖房器 HA‐4K

【HA-4Kの仕様】
(単位 寸法はmm 重さは㎏)
●対象のペット  『地下型の巣箱』で生活しているハムスター
●商品名 『ハムスターの冷暖房器』HA-4K
●価格 26,800円(税別)
●HA-4Kは、HA-4と同等品です。HA-4Kは『地下型の巣箱』会員(※)に普及のために廉価で提供するためのモデルです。(※)会員とは、『地下型の巣箱』あるいは『推奨飼育セット』の購入履歴のある方、および、『地下型の巣箱』を自作したことをご報告いただいた方、および、ご報告いただける方です。

●消費電力 約4ワットと8ワットの切り替え式。ACアダプターを交換して切り替える方法です。
●1ヶ月の電気代(24時間31日連続運転の場合) 8ワット運転でおよそ150円、4ワット運転でおよそ80円。
●電源 4ワット用と8ワット用のACアダプター付属

●寸法    設計図(四面図のみ)
・冷暖房プレートの広さ200×300
・高さ340
・幅200
・奥行380
・重量約2.5
●熱交換ユニット 純電子式・超小型・超省電力・長寿命設計の新開発の熱交換ユニット(特許出願済)を内蔵しています。
●排熱方式 3+1筒方式の放熱筒を採用

≪その他の特長≫
ハムスターが安心する無音・無振動の熱交換ユニット採用
安全ヒューズ
衝撃防止機能
防水機能(プレート部)
最大5ボルトの低電圧駆動方式の安全設計。感電事故が起きない
ペットが怖がらない艶消しメッキ処理済


床冷房の効果確認のサーモグラフィー映像

床冷房のサーモグラフィ
↑ 床冷房の効果確認のサーモグラフィです。
青色が温度が低い場所です。色の濃さが温度の低さを表しています。
この写真では、床が外気より4.5℃低くなっています。
暑い夏でも、巣穴の中は快適です。

※冬の暖房の場合は、プレートと『地下型の巣箱』の間に3㎝程度の本などを挟んで、床暖房の暖かさを和らげてください

2.使い方

HA-4Kを『地下型の巣箱』推奨飼育セットで使用する例でご案内します。

『ハムスターの冷暖房器 HA‐20』
↑今まで『地下型の巣箱』を置いておいた場所に『ハムスターの冷房器』を置きます。
『ハムスターの冷暖房器 HA‐20』
↑冷暖房プレートの上に直接『地下型の巣箱』を置きます。巣穴は放熱筒の反対側になります。
『ハムスターの冷暖房器 HA‐20』
↑『遮光布』を被せます。
『ハムスターの冷暖房器 HA‐4』
↑ケースを置きます。
『ハムスターの冷暖房器 HA‐4』
↑ACアダプターを繋いでスイッチを冷房にします。
冷房表示の緑のLEDは、弱く光るように設定してあります。特に4ワットの時には、微弱に光ります。 この状態で、ゆっくりと『地下型の巣箱』の床の温度が下がって、ハムスターの熱を吸熱するようになります。



【 春から初夏 】

 梅雨が明けて、人が半袖になった頃に、4ワットの冷房運転を始めてください。
ハムスターは暑さを感じ始めています。

【 夏 】

 8ワットの冷房の連続運転をしてあげてください。夏の間はスイッチを切らないで、連続運転をしてください。
30℃を越す日がなくなった頃に、4ワット運転に切り替えてください。

【 晩夏から秋 】

 人が半袖を着なくなった頃に、冷房運転を終了してください。

【 冬 】

 『地下型の巣箱』の周囲の温度が15℃を下回るようになったら、4ワットの暖房運転をしてください。


3.夏の暑さ対策・熱中症予防

この『ハムスターの冷房器』が最も効果を発揮するのが、夏の冷房器です。

 ハムスターは暑さに弱い動物です。自然界では、暑い夏の日中は、地下の涼しい巣穴の中で生活しています。
ペットのハムスターは、一日のうち短時間であれば30℃になっても耐えますが、長時間暑い日が続くと、体力を落とし、時には暑さで死んでしまうことがあります。
 今までは、熱中症予防のために、エアコンを使っているのが一般的でした。
また、氷を置いてあげたり、保冷剤を入れてあげるなどの熱中症対策も効果がありました。
しかし、毎日、氷を作ることや保冷材を冷凍する手間が大変で、冷やす力が長持ちしないのが欠点でした。
また、小さなハムスターのためにエアコンを使えば、夏の電気代が高額になります。

これらの夏の問題を一気に解決した『ハムスター専用の冷暖房器』を作りました。

管理者が、高度な技術で、1台1台を丁寧に作って、お届けいたします。


4.梅雨季の結露対策

 梅雨時や湿度が高くなった時には、冷却板の上に結露が起きます。
その場合の対策をご案内いたします。

ACアダプターを4ワット用に切り替えてください。

それでも結露がある場合には。

下記の様な結露対策が有効です。

ハムスターの冷房器 結露1
冷却板の右側、中央部にまず結露が発生します。
ハムスターの冷房器 結露2
冷却板の上に布を被せます。写真で被せているのは手ぬぐいです。
ハムスターの冷房器 結露3
布の上にサランラップなどの防水シートを被せます。
ハムスターの冷房器 結露4
その上に『地下型の巣箱』を載せます。  『地下型の巣箱』の底は多少濡れても大丈夫ですが、濡れたままだと黒く変色しますので、湿度の高い時季にはこのような結露対策を取っていただくと良いです。



5.暖房の使い方


室温15℃を境目に、15℃以下になるようなら防寒の対応を考えてあげましょう。暖房というよりは防寒のイメージで対応してあげると良いです。

『地下型の巣箱』を家に持っているハムスターと、そうでないハムスターの暖房の温度は違うということを理解してください。



暖房の場所はハムスターの家です。大切なのは寝室の温度です

 参考にしていただく温度は人の寝室の温度です。
室内をとても暖かく保っている北海道などは例外として、冬の寝室の温度は15℃かもっと低い場合があります。この温度でも私たちが安眠できるのは、暖かい寝具(冬布団)があるからです。
室内が15℃以下でも、寝具の中の温度は体温で30℃を越えていますから心地よい暖かさがあります。

 『地下型の巣箱』の中に寝室を持っているハムスターも、人と同じく自分で暖かい冬用の寝床を作る【本能と習性】を持っています。寝床は自分で調節します。寝室の温度は人の寝室と同じく15℃の時、寝床の温度を(赤外線温度計で)測ると30℃を越えていますから人と同じように安眠・熟睡できていることが分かります。

巣穴の外は、家の外は、もともとハムスターは冬には氷点下になる原野を駆け回っているのですから、巣穴の外を温めてあげる必要はありません。人が生活している部屋で飼ってあげているなら十分です。

 『地下型の巣箱』方式で、冬の適温を15度とご案内しているのはこのような理由からです。長年の飼育経験によってその正しさを実証しています。
ハムスターの冬準備
ハムスターはこの様に冬の準備、暖かい繭状の寝床作りを自分でします。写真は全く人の手をかけていません。


一般のハムスター用の暖房器は『地下型の巣箱』・寝室・冬布団という条件を想定したものではありませんので、温度が高めです。

 一般のハムスター用の暖房器は、『地下型の巣箱』方式の観点から言えば、家の外にいるハムスターための暖房ですから、そのまま『地下型の巣箱』に使用すると、ハムスターは暑くなってしまって、我慢できずに巣穴の外に出てしまうという現象が起きます。
 人だって、寝室が暖かすぎたら、冬布団を剥いでしまいます。
人は暖房を止めることができますが、ハムスターは出来ませんから暑い寝室から出るしか方法がありません。
寝室で寝ることが出来なければとても大きなストレスになります。冬の暖め過ぎには十分にご注意ください。

以下に、『ハムスターの冷房器』を暖房に使用する例をご案内いたします。

自然界のハムスターの暖房は地熱です

 暖房は、『地下型の巣箱』の底を直接暖めないで、冷暖房プレートの上に3㎝以上の厚さに雑誌などを積んで、タオルを置いて、その上に『地下型の巣箱』を載せてください。地熱の様にやんわりと暖かさが伝わるようにしてあげるのがポイントです。

ハムスターの冷房器 暖房1
冷却板(冬は暖房)の上に雑誌を3センチ以上積み上げます。
温度調節は、この本の厚さを変えてあげることです。
ハムスターの冷房器 暖房2
写真では、温度計のセンサーを『地下型の巣箱』の床下に当たる場所にセットしています。
ハムスターの冷房器 暖房3
雑誌の上にタオルなどを敷いて、『地下型の巣箱』を載せます。
ハムスターの冷房器 暖房4
全体はこんな感じでこの上にケースが載ります。
ACアダプターは4ワットで連続運転します。
なぜこのようなことをするか?
『地下型の巣箱』の床を地熱の柔らかさで、自然界のぬくもりを演出するためです。
スイッチを入れたばかりでは温度が伝わりませんが半日でぬくもりが『地下型の巣箱』まで伝わるようになり、ほぼ一日で安定します。
『地下型の巣箱』の底部(タオル)に温度計を挟んで、15℃から17℃を目安にしてください。温度が20℃以上にならないようにしてください。暖め過ぎは厳禁です。
最低最高温度を記録する温度計が便利です。

6.関連する情報

≪ショッピングカート≫

ペットの冷房Q&A の一覧  良くある質問 目次