『地下型の巣箱』方式の評判、デメリット

『地下型の巣箱』方式の評判とデメリットにお答えします

『地下型の巣箱』のデメリット
  1. §1.散見するデメリット評
  2. §2.これらの評判は、失敗した人か、実際には使用したことがない人のコメントです
  3. §3.BBSで応援します
  4. §4.『地下型の巣箱』方式を始める方にお願いです
  5. §5.工夫(自分流)は『地下型の巣箱』方式で成功体験をした後でお願いします。

§1.散見するデメリット評

 SNSには『地下型の巣箱』のデメリット・欠点として、●姿が見えない。●トイレ室が不潔。●肥満が心配。●使い方が難しい。●セットが高い。などが散見されます。
それぞれのコメントは、

●姿が見えない。
『地下型の巣箱』の中で生活している。夜中しか出てこないので見ることが出来ない。つまんない。という評です。

●トイレ室が不潔。
トイレ室の掃除が上手くできない。不潔で心配。

●肥満が心配。
「ヒマワリの種」などの脂肪分の多い食べ物を貯蔵させるのは、偏食になって肥満のもとになる。

●使い方が難しい。
やってはいけないことが沢山あって『地下型の巣箱』の使い方・飼い方がむずかしい。

●巣材にコットンは「危険だ」とSNSや飼育書に書いてある。
コットンは絡まって危険だとサイトで見た。使用するのは危険だ。

●床材にチップを勧めていない。迎えたばかりのハムスターには関わってはいけない。など
何かと制約が多い。

●セットが高い。
市販の飼育セットに比べると高い。

などです。



 

§2.これらの評判は、失敗した人か、実際には使用したことがない人のコメントです

 このページは、『地下型の巣箱』方式に関心を持ったけれども、心配して立ち止まっている皆様に、安心していただくのが目的のページです。

 SNS情報の中には、皆さんを不安にさせる、上記の様な内容の書き込みが散見されます。

これらの書き込みを詳しく見てみると、投稿者に二つの特徴があることが分かります。

1つ目は、『地下型の巣箱』方式に失敗した人です

●夜中しか出てこないので見ることが出来ない、つまんない。、
という書き込みの方は、呼べば出て来るのに、そのことをやっていないか、あるいは、ハムスターに警戒されてしまっているかのいずれかの人です。つまり、ハムスターの心理を説明すれば、
呼ばれないから出てこないか、
飼い主を警戒しているから出てこないのです。

『地下型の巣箱』方式の大きな特長は、ハムスターが呼べば出て来ることです。
≪参考≫
ハムスターと仲良くなる方法

2つ目は、『地下型の巣箱』を実際には経験していない人です

●肥満が心配とか、●使い方がむずかしいとか、実際に『地下型の巣箱』方式で一度でもマニュアル通りにやった経験があれば、肥満も起こらないし、難しくないことが分かるはずです。小学生が『地下型の巣箱』方式でハムスターとのコミュニケーションを楽しんでいることからもわかっていただけます。

皆様には、失敗した人や実際にはやっていない人の書き込みを読んでで心配するのではなく、『地下型の巣箱』方式でハムスターの世界を楽しんでいる皆様のサイト情報を参考にしていただきたいです。




§3.BBSで応援します

当ホームページのBBSは、悪戯投稿以外はすべて削除せずに載せています。『地下型の巣箱』方式で実際に飼育している方からの投稿に、必ずお答えする方針で運営しています。

『地下型の巣箱』方式で飼育していて分からないことがあったら、このBBSをご利用ください。
正しく道案内をさせていただきます。



§4.『地下型の巣箱』方式を始める方にお願いです

『地下型の巣箱』方式の飼い方をご理解いただくのには、ハムスターの環境エンリッチメントを読んでいただくと良いのですが、ここでのお願いは、『地下型の巣箱』方式は、旧来からのハムスターの飼い方とは、いくつか異なる点があるということです。

真っ先に、ハムスターの信頼を得るのが、この飼い方の特徴です。
方法は、
迎えたハムスターが新しい環境を受け入れるまで、関わらずにそっとしておいてあげることです。

●ハムスターの【本能と習性】を正しく知りましょう。

ハムスターはとても賢くて、とてもとても警戒心が強くて、しかも好奇心が旺盛であることです
したがいまして、迎えたばかりの初対面のハムスターをなでたり可愛がったりすれば、かえって警戒させてしまって、飼い主から受けた恐怖をしっかりと記憶してしまう場合があります。

≪早く仲良くなれるご参考≫
ハムスターの性質
迎えたばかりの時のハムスターの気持

●『地下型の巣箱』方式は、ハードとソフトの両輪で成り立ちます

『地下型の巣箱』方式の飼育セット(ハード)だけ揃えて、「飼い方(ソフト)は自分流」では、失敗した人になってしまいます。
『地下型の巣箱』方式で失敗例で多いのがトイレの掃除です。
ハムスターは排泄のオシッコは自分の家の中でする【本能と習性】があるために、『地下型の巣箱』の一室をトイレ室にします。
ハムスターはとても警戒心が強いので、警戒されてしまえばトイレ掃除がいつまでもできません。無理にやればますます警戒されてしまう悪循環になります。
ハムスターの飼い方ステップ7までに警戒されるようなことをやってしまえば、トイレ掃除の開始が長引いてしまいます。

ここまでお読みになって、『なんだか難しそう』と思われるかもしれませんが、実は、食べ物や巣材の補給以外は、

●ステップ7までは、何もしない、ことが重要

であって、失敗する人は、この、【何もしないことが出来ない人】で、何か関わってしまう人だということです。

≪何もしないためのご参考≫ 関わらないってなぜですか



§5.工夫(自分流)は『地下型の巣箱』方式で一回でも成功体験をした後でお願いします。

まず、一度は『地下型の巣箱』方式のハムスターの飼い方の通りにやってください。この飼い方は、管理者の豊富な飼育経験のもとに組み立てた、どなたにも失敗しないでハムスターと仲良くなれる飼い方です。先のBBSでご案内した通り、飼い方のが分からなくなれば、正しい道案内をすることが出来ます。
自己流の工夫をしてしまうと、アドバイスが出来なくなります。

何よりも、まず、『地下型の巣箱』方式でハムスターの素晴らしい世界を皆様に実体験していただきたいと思っています。


◎なお、ゴールデンハムスター用の『地下型の巣箱』は販売しておりません。
商品としてご案内しているのは、ジャンガリアンなどの小型種(ドワーフ系)専用です。ゴールデン用は自作用の図面をご案内しております。

まず、ジャンガリアンなどの小型種で成功体験されてから、ゴールデンなどの大型種を飼育することをお勧めしています。

理由の一つは、ゴールデン系の場合、警戒されないで信頼関係を築かないと、トイレ掃除で失敗してしまうからです。
このことはジャンガリアンの場合と同じなのですが、ゴールデンはオシッコの量が多いので、トイレ対策を失敗すると、回復に時間が掛かってしまうからです。
ジャンガリアンなどのドワーフ系の場合は、多少失敗しても、オシッコの量が少ないので、時間をかけて回復することが出来るという事情があります。



何かわからないことがありましたら、下記の お問い合わせ あるいはBBSご利用ください。