ペットのクーラーの欠点と利点

ペットのクーラーの欠点と利点

チンチラの冷房  ↑ チンチラのクーラー(PC-200)愛用のチラちゃん♀ 内○さん 提供

≪目次≫







§Ⅰ 欠点

高額であることが最大の欠点です。

大量生産が出来なくて、申し訳ございません。

工房で手作りをしているからこそ、この性能が出せていると、自負しております。


利点1 高い経済性

● 電気代が大幅に節約できます。

 エアコンで部屋の温度を、ペットに合わせていた場合の電気代がいらなくなります。
 エアコンの温度は、人に合わせておけばよいので、ペットのためにほぼフル運転をしていたエアコンの電気代が節約できます。
 このペットのクーラーの消費電力は8ワットですから、連続運転1ヶ月の電気代がおよそ150円です。

● 2年~3年で元が取れるかもしれません

 特にチンチラの場合はエアコンで23℃、ウサギの場合は25℃にしてあげるのが理想と言われていますので、このクーラーの経済性は顕著です。

利点2 何よりペットが喜びます
健康に夏を過ごさせてあげることができます。

● 健康に夏を過ごすことができます

 熱中症になるような、余分な体熱が身体に溜まらないように、心地よく逃がしてあげるクーラーです。

● 自由があります。自分の意思で使い分けができます

 ペットたちは、自分が涼みたいと思ったときにいつでもヒンヤリと心地よいプレートに、好きなだけ寝そべることができます。
 涼まなくて良い時、涼みたくないときには、降りればよいのです。
 散歩から帰った犬が、気持ちよく涼みます。
犬のクーラー
 ↑ 夏は、散歩から帰るとこのようにしばらく涼んでいます。
写真のクーラーは性能実験器です。

利点3 手間がかかりません

● ご購入のお客様から、高い評価をいただいている項目です

 春になったら冷房に、秋になったら暖房に、スイッチを切り替えるだけです。
 使う時をペットが勝手に決めます。
 スイッチを入れ忘れたり、切り忘れたりのわずらわしさがありません。

● 電気代が安く、超長寿命設計なので、安心してつけっぱなしをしていただけます。

その他の利点

● 解放空間で使用できます

 エアコンのように、部屋を閉め切る必要がありません。
犬や猫の場合は、自由に移動して、暑い時だけ(冬は暖まりたいときだけ)使用できます。
 外の犬小屋にセットしている事例もあります。

● 暖房にも使えます

 スイッチの切り替えだけです。

● 安全です

 感電しないクーラーです。5ボルト(電池およそ4本分)の定電圧駆動方式です。万一コードを齧ったりしても、ペットに危険はありません。
 過熱などやけどの心配もありません。最も熱い所でも60℃以下で、しかもこの部分は、ペットが触れない、底の部分です。
 万・万が一ですが、過熱した場合は断線して壊れる安全回路になっています。


 ペットのクーラーに戻る
 チンチラのクーラーに戻る
 ウサギのクーラーに戻る
 犬・猫のクーラーに戻る