ハムスターの家です。ハムスターが喜んで使う『ハムスターの家』を研究して完成した『地下型の巣箱』です。ハムスターの素晴らしい世界をハムスターと一緒に楽しむことができます。

ハムスターの家

ハムスターの家、『地下型の巣箱』のご案内です

  1. 1.これが『地下型の巣箱』です
  2. 2.この様に使います。
  3. 3.この様に使います②。
  4. 4.ハムスターがこの様に使います。
  5. 5.旧来とはトイレが違います。


 2005年に、「これがハムスターの理想の家です」と、発表させていただいたときに、多くの方が違和感を感じられました。
無理もありませんでした。
 当時は小さな箱に穴が開いた構造の物が唯一のハムスターの家として認識されていたのですから。
しかし、今では実に多くの皆様※に『地下型の巣箱』がハムスターの本当の家の機能を持っていることを納得いただいております。
健康に生活できて飼い主と楽しくコミュニケーションを取っているハムスターが増えていることが、管理者にとって何よりも、うれしいことです。
※『地下型の巣箱』で検索していただくと、多くの皆様のサイトをご覧いただけます。


≪クリスマス情報≫
 ハム君へのクリスマスプレゼントに、ハムスターの家『地下型の巣箱』をお考えの方は、12月19日(月)までにご注文いただきたくお願い申し上げます。


1.これが『地下型の巣箱』です

『地下型の巣箱』
↑身体の大きさに合った小さな入り口と、
入り口から続く狭い通路と、
通路の先にある5つの大小の部屋と、
ハムスターを怖がらせることなく観察できる『透明な観察板』が、
ハムスターの家『地下型の巣箱』の特徴です。

1994年にハムスターを病気にしてしまったことをきっかけにして、ハムスターを健康に飼うことができる『ハムスターの家』の研究を始めて、2002年に『地下型の巣箱』の原形が完成しました。
ハムスターがとても生き生きと生活する効果を確認して、『ハムスターの家』として特許を取得しました。
2005年にホームページで『地下型の巣箱』の名前を付けて公開しました。

2.この様に使います。

ハムスターの飼育セットの中
↑ 『地下型の巣箱』は、天井が『透明な観察板』になっています。
 『地下型の巣箱』の中を自然界のハムスターの家と同じように、真っ暗にしてあげるために、遮光布を被せます。
※遮光布は付属しておりませんので、トレーナーの古着など厚手の布に3センチの丸い穴を開けて、被せてください。

観察するときに、この様に『遮光布』をめくります。
『透明な観察板』があるので、ハムスターを怖がらせることなく、家の中のハムスターの生活をいつでも楽しく観察できます。


3.この様に使います②。

ハムスターの飼育セットの中
↑ 『地下型の巣箱』の上に飼育ケースを載せて使用します。
ハムスターの飼育セットの中
↑ ハムスターが巣穴から出てきたときの【地上の環境】はこのようになっています。
広い活動スペースにがハムスターを健康にします。


4.ハムスターがこの様に使います。

『地下型の巣箱』
↑ すっかり落ち着くと、ハムスターは、このように、自然界の巣穴の中と同じ行動を私たちに見せてくれます。
この行動は、ハムスターがもともと持っている【本能と習性】による行動のため、すべてのハムスターが例外なく見せてくれる行動です。

①寝室を決めてそこに寝床を作って安眠・熟睡する。
②貯蔵室を決めてそこに食べ物を貯蔵する。
③トイレ室を作ってそこだけにオシッコをして他の部屋の清潔を保つ。
というハムスターの家つくりの行動を『巣穴の三大習性』と名付けました。

ハムスターのトコ
↑ この家の住人のトコ♀です。

●ハムスターが健康に生き生きと生活すること。
●ハムスターが皆さんと仲良くなれること。
この二つが『地下型の巣箱』の大きな効果です。

5.旧来のハムスターの家とはトイレが違うので、トイレ室の掃除が必要です。

 この『地下型の巣箱』の中は自然界と同じように、すべてハムスターが管理しますので、手出しは無用です。
使い方はとても簡単なのですが、トイレ室の掃除だけは飼い主がやってあげる必要があります。

 ハムスターはウンコはどこ二でもします。
しかし、オシッコは決まったところでする【本能と習性】があります。
自然界のハムスターの巣穴にもトイレ室があることが確認されています。

ハムスターは『地下型の巣箱』の中にも、自然界と同じように、トイレ室を作ってそこにだけオシッコをして『地下型の巣箱』の他の部屋の清潔を保つ行動を見せてくれます。
写真では左下の部屋がトイレ室になっています。オシッコの跡を確認していただけます。

ということで、
トイレ室にしたオシッコをトイレ砂で回収してあげる必要があります。